住信SBIネット銀行に他行銀行(給料振込銀行口座)から無料で入金する方法 【定額自動入金サービス・定額自動振込サービス】

投資
スポンサーリンク

自分の給料が振り込まれる他行銀行からの口座から
振込手数料無料・自動で住信SBIネット銀行に振り込む方法をご紹介いたします

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行に入金する4つの理由

1:月数回、ATMからの出金が平日土日24時間いつでも無料で可能

 ⇒土日や時間外(夜中)でも現金の引出しにお金がかからない(毎月、回数制限あり)

2:貯金用(給料振込先)と利用する分(住信SBIネット銀行)を簡単に分けることができる

 ⇒貯金がしやすくなる

3:住信SBIネット銀行からなら、SBI証券・SBIネオモバイル証券・bitFlyerの口座に無料で振込可能

 ⇒ 投資がしやすくなる

4:使えるATMが多い

 セブンイレブンやファミリーマートのコンビニATMが利用可能です

 ⇒コンビニのATMが無料で使える(毎月、回数制限あり)

定額自動入金サービス

定額自動入金サービス | 振込・振替・支払 | 住信SBIネット銀行
住宅ローン、カードローン、円預金、外貨預金やSBI 証券連携サービスなど、住信SBIネット銀行の商品・サービスをご紹介します。

定額自動入金サービスとは、他の銀行口座から指定金額を引落して、無料自動的に住信SBIネット銀行の自分の口座に入金してもらえるサービスです

毎月一定額の金額を住信SBIネット銀行へ入金している人はもちろん

他行銀行で時間外のために手数料がかかっている人は住信SBIネット銀行を利用すると無料で引出しできます

定額自動入金サービスのポイント

・手数料無料
・毎月5日か27日の日付を選択
・入金額は1万円以上1千円単位で設定可能
・毎月5日か27日から選んだ日付で他行銀行から引落し、引落日の4営業日後に入金
・自分の名義口座からのみ入金登録可能
・最大5件まで登録可能

4日間お金が使えなくなるから資金に余裕がない人は注意が必要!

利用可能な金融機関

・三菱UFJ銀行 ・三井住友銀行 ・みずほ銀行 ・りそな銀行 ・埼玉りそな銀行 ・ゆうちょ銀行

・ジャパンネット銀行 ・ソニー銀行 ・楽天銀行 ・地方銀行 ・信用金庫 ・信用組合など

登録できるのは「自分の名義の他行口座に限ります」ので、
家族名義からは入金できませんのでご注意ください

申込の流れ

1:申し込み画面から必要事項を入力(契約名・引落日・引落金額)

2:引落し金融機関の画面で、オンライン口座振替手続きを実施 

※口座振替契約が成立しないと、サービスを利用できません

定額自動振込サービス

定額自動振込サービスとあわせて全自動でお金を管理できます

定額自動振込サービス | 振込・振替・支払 | 住信SBIネット銀行
振込手数料がお得な住信SBIネット銀行。個人のお客さまであれば、自行宛振込手数料0円、他行宛振込手数料が157円(税込)となります。

定額自動振込サービスとの利用で、毎月の家賃や駐車場代・習い事の月謝等の振込も行い全自動で様々なお金の移動が可能です

定額自動振込サービスのポイント

・10件まで登録可能
・住信SBIネット銀行か三井住友信託銀行の口座宛は回数無制限で無料
・他行銀行宛でも、ランクに応じて毎月1回~15回振込無料
・振込日の設定は毎月(1日~31日選択可能)、毎週(土日以外の曜日指定)で選べる
・振込日が休日の場合「翌銀行営業日」か「前銀行営業日」に振込むを選択する
・自動振込は終了日未定か終了日指定が選択できて、未定の場合には期限を決めずに設定できて
終了日指定の場合には5年後の年末まで設定可能です

自動振込の予約は前日0時までです
例えば、4月1日に振り込み設定をしたい場合、3月31日までに予約する必要があり
振込回数の無料分は3月分の回数から利用されるため、3月分の無料振込回数がゼロの場合には振込手数料が必要となりますのでご注意ください。

まとめ

毎月のことだからこそ、現金をATM時間内で出金したり、振込先に振り込むのは大変です

わざわざ自分でやらなくてもすむように全自動化して毎月振込めれば心配しなくていいので助かりますよね

サービスを利用して、スマートに生活していきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました