【絵の練習】30秒ドローイングのサイト先

絵を描く
スポンサーリンク

絵がうまくなりたい!

だけどクロッキーを自分でやるときに、同じポーズばかりになってしまって困っていたら、30秒ごとに人体のポーズを変えた画像を表示してくれるサイトがありました。

30秒だけでなく、45秒・60秒・90秒の中で設定できて自分にあった方法で学べます。

私は超初心者なので90秒に設定して、1ヶ月間試してみることにしました。

スポンサーリンク

30秒ドローイングでクロッキーをするメリット・デメリット

クロッキーとは、短時間でいろんな人物のポーズを描く絵の練習方法のひとつですが

ただ何もしないでクロッキーを描いているだけだと、いつも同じようなポーズばかりになってしまいがちです。

そこで、クロッキーを30秒ドローイングのサイトを利用して描いていくといろんなポーズで絵が描けるようになってきたのでおすすめです!

しかも、無料で利用できるので試しに一度利用してみたらいいのではと思います。

30秒ドローイングのメリット

・難しいポーズが出てくるので、いろんなポーズで描けるようになる

・時間制限があることで、素早く描けるようになる

・人体の全体像を捉えやすくなる

30秒ドローイングのデメリット

・最初のうちは30秒で描ききれず完成させることが難しい

⇒ 完成させるように練習していくのがベストですが、最初は素早く描く練習だと思って描き続けていくといいです。

・ゆっくり考察している時間がない

⇒90秒まで設定できるので、最初は長く設定して少しずつ短くしていくといいと思います。

⇒もし、描いていておかしいなと思うところがあったら、途中でも止めて描いた絵をふり返るといいかもしれません。

【使い方】

①サイトを開く

②【スタート】を押すと人体が表示される

③制限時間内にスケッチ

*詳細設定で、より細かい設定ができます

(サイドメニューから3Dビューワを選択すると各パーツの3Dも表示できます。3Dビューワでは、光の設定や画像ほ保存もできます。)

30秒ドローイングサイト先!

パソコン*スマホの両方で使える:

【国内サイト】

posetrainer

【公式サイト先】

PoseTrainer
人体デッサンによる絵の練習サイト

30秒ドローイングを90秒に設定して1ヶ月間挑戦してみた!

1日目

2日目

3日目

4日目

気づいたこと(4日目、よく体が切れてしまう)

・描き始める前に5秒間寸法を測って、体全体が描けるように気をつけること

・顔は耳から描き始めると良い、耳はできるだけ小さく

5日目

6日目

ペンを長く持つようにして、線の太さ細さに注意して描くようにしてみた

7日目

8日目

9日目

10日目

11日目

12日目

コメント

タイトルとURLをコピーしました